otobokecat’s blog

たまに本を読む猫

2013-12-01から1ヶ月間の記事一覧

109番目

今日も少しだけ店を開けてみましたら、ささくらサン帰りのお客様が何人か寄ってくださいました。その前にマルクニサンへ行って、ミカンを箱で買おうと思ったら、なんと完売。炬燵でミカンはやはり誰しも考える正月の風景なんですね。 年内最後の発送の梱包を…

静かに扉を閉めました

開店して以来ずっと、年末はカレンダーの並びにもよりますが、だいたいクリスマスあたりまで営業し、29日あたりには西宮へ帰省して、正月4日あたりに戻ってくるという年末年始の過ごし方でした。別荘の方が正月を軽井沢で過ごすというライフスタイルがあ…

角砂糖的な雪原

何とも寒い日でした!!! 昨日降った雪の一部は氷のようになって枝上に今日も残り、気まぐれに落下してこちらを驚かします。頭上に注意の一方、足元は地面がカチンコチンに凍りついて、その硬さが靴の裏から脳天に響く感じです。地上に残った10cmにも満…

雪の華さく

地面の雪が消えそうになると、また次が数センチ降りを繰り返している追分です。朝の気温が高いなと思っても、日中ぐんぐん下がったり、寒い朝だなと思っても、日中穏やかだったりと、いろいろですが、まだドカンとは降っていないので、雪かきほどではありま…

年の終わりのつぶやき・・

もはや若くも無く、小さい子供もいない家で、しかもクリスチャンでもないとなるとほとんどクリスマスの存在は無意味です。まあ息子がサンタクロースを信じない年頃になったころから、すでに我が家ではそんな感じでした。実家に帰省して三世代揃う一週間後の…

氷上の熱き戦い

全日本フィギュアスケート大会に、こんなに日本中の視線が集まるとは!一応スケートをかじっていた私としては、少々隔世の感があります。それもそのはず、私の知っている日本のフィギュアスケートは、何せ40年以上も前のことですから。今の日本の技術力、…

夜の光

師走の連休に突入し、いわゆる盛り場?は人で溢れているようですが、追分はまあぼちぼちです。それでも今週で「ままごとや」さんも今季最後ですし、今後は一層静まり返る模様。金曜日は雪はときに吹雪くし、店の玄関は一度も開かないしで、少々途方にくれま…

青空のチカラ

昨日、ブログを書きました。そろそろ店を開ける時間だと思って、ちょこっと焦り、しめるのに失敗!ぶっ飛んでしまいました。がーーーん。 こういう時に限り、なぜかバックアップが働いていないときた。 がっくしな気分で出勤したのでした。 今日は、その悔し…

青と白と灰色と

12月も半ばに差しかかり、ようやく雪が姿を現しました。数時間後には消えてしまいましたが。日本海側の空が荒れているとのこと、確かに浅間山上空までその端が達しているようで、濃い灰色雲に山全体が覆われてます。一方、太平洋側はおそらく冬型の西高東…

分解と解放

本業の「本業」に戻り、ほぼ一か月。まだ冬眠するには程遠く、本の仕事の合間に喪中葉書を書き、油や館内の片づけをし、とっ散らかった自宅の片づけもたまに少々しながら、ふと気が付くとカレンダーは最後の一枚です!まだまだ先送りしているものばかり!ま…