otobokecat’s blog

たまに本を読む猫

2016-05-01から1ヶ月間の記事一覧

夏近し

キショウブが本屋の裏の元池のなかに咲いています。油やの裏庭には今年もアヤメが咲きました。そろそろ白も咲きます。 人の気配のない火曜日の追分宿。 眩しい光が降り注ぎ、林の中ではキビタキ・郭公が鳴いて、ハルゼミがも鳴いて、アヤメは姿勢正しく咲い…

花時計

もたもたしている間に、つぎつぎと花が咲いては散っていきます。ほぼ日課の通信販売の発送。追分と御代田の郵便局へ出かけます。 特に店を開けている間や、郵便局のの閉まっている週末には、集荷に来てもらったりもしますが、郵便局に出かけて、発送するのも…

ハルゼミ時雨

久々にすっきり浅間が見えて、しかも噴煙も。気温や湿度の関係か、春はあまり噴煙が目視できないのです。 昨日は雨も期待されていたのですが、日中は曇り、夜半にわずかな雨。でもそれだけ。 コナラなどの花粉にまみれた林は、もう少しざっとした雨を期待し…

藤は何処へ

一日を終え、まだ日が残る夕方、一念発起して久々の千ヶ滝温泉へ。 追分でも藤の花が見られるようになってきた今日この頃、そろそろあの大藤の花に会えるかと思い、平日、晴れた明るい夕方というと、今日だ!というわけでした。(温泉の住民割引狙い) 仕事が…

まぎれなき五月晴れ

ついに一番上の高木のコナラなどにも葉が付いてきました。 シルバーの若い葉が五月の強い太陽光線を受けてキラキラ光ります。 まだ緑の色はさまざま。 あっという間にどれも「ザ、緑」になってしまいます。 今は、微風が柔らかな緑の若葉を撫でていく、極上…

みどり攻撃開始

今春はしゃくなげも佳く咲きましたが、このウワミズザクラも良く咲いています。 今日は曇り時々雨。 みどりにとっては恵みの雨です。このところ初夏の使者キビタキが姿をみせています。 鮮やかなオレンジ味のある黄色が、浅い緑の林を飛び回り、縄張り宣言。…

みどりのお出まし

寒いモノトーンの世界にほぼ5か月もはまり込んでいると、このままずっとではないかというおそれに見舞われます。前回の日記がカタクリの花で終わっているのも、また始まった緑のおでましを確認して、ほっとしたと同時に、追分の営業時間がそこから一気にスタ…